So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ ブログトップ

ソドンヨ [ドラマ]

テレビ映画の話だが、
日本の時代劇は飽きたし、西洋活劇は好きではない。
ましてや、米国のウエスタンはもっと興味がない。

その様な訳で、
最近は韓国の時代劇を見る事を楽しみとしている。

これは500年ほど前の物語なのだが、
朝鮮半島は、中国と日本の間に挟まれた国であるのに、
当時の王家や貴族達の服装が西洋的であるのも物珍しい。

SODONYO.jpg

「ソドンヨ」は、韓半島の3国時代の
百済と新羅の王室の葛藤劇ドラマ

薯童謠(ソドンヨ)は、古くから伝わる童謡で、
これをモチーフに、
百済の王子と新羅の姫との
運命の恋と生涯を描いた歴史ロマン大作。

銀河テレビの夜7時45分から9時までの放送で、
ヒロインのこの娘は地方のミスコリアで、
涙を見せると更に綺麗になる。

photo_07.jpg


以前、「チャングムの誓い」や「ホジュン」を
四六さんに勧めたら、以後はまってしまい、
最近はこれを勧めたが、彼は既に見ていた。


タグ:ソドンヨ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「秋の童話」見終わりました [ドラマ]

images003.jpg
 
 
 今から10年前の作品、
 
「秋の童話」を見終わりました。
 
 
 秋01-40.JPG

 

生まれた時、

病院で取り違えられ

別々の家庭に育った娘が

中学生の時にその事実が分かり、

元の親に引き取られる。

images011.jpg

 

2つの家庭は

お金持ちと貧乏という対極にあり

やがて、

片方の家庭は米国に行ってしまう。

 

そして、

時は10年が経過する。

images010.jpg

 

子供の頃、

兄妹として育ったが、

成人して

同じ血が流れていないので

お互いを意識すると言うドラマです。

 

 

images021.jpg

仲の良い兄妹が子供の頃に作った

似顔絵入りのマグカップ。

 

images023.jpg

 

 

images005.jpg

 

 

images007.jpg

 

images002.jpg

 

そして、

妹は白血病と分かり

数ヶ月後に他界する。

images-020.jpg

 

何とも切ない、

悲しい物語です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(おまけのひと言)

 

このドラマを見ていて、

昔見た百恵ちゃんの

「赤い疑惑」を連想して

しまった。

 

 

 40年前の作品、

ソフィア・ローレンの

「ひまわり」という

映画を初めて見たのは

つい昨年の事。

 

良い作品は

何時の時代に見ても

良いものです。

 

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ユン・ウネは可愛いね! [ドラマ]

DSC01969-15.JPG

先日、

「ぶどう畑のあの男」の放送が終了しました。

 

韓国の農村のぶどう畑で繰り広げられる

楽しいラブ・コメディーでした。

DSC01973-15.JPG

このユン・ウネのしぐさが実に可愛いですね。

写真では動きがないので分かりずらいのですが、

怒る、拗ねる、とぼけるところが実に可愛くて良いのです.

 

 (簡単なあらすじ)

1万坪のぶどう畑の持ち主のビョンダル(イ・スンジェ)には

息子がいましたが、亡くなってしまい、その後継者がいません。

 

そこで、ソウルに住む、親戚の甥の娘のジヒョン(ユン・ウネ)に

「1年間ぶどう畑の仕事をして、前年の収穫量を上回ったら

譲ろう」と言う話を持ちかけました。

 

都会育ちで、家事もした事のない娘のジヒョンが

ぶどう畑で働く事になるのですが、そこで働いているのが

テッキ(オ・マンソク)です。

 

彼から畑の仕事、自然、苦労等を教わり、

お互い恋人らしき人はいるのですが、

いつの間にか、お互いの心に入り込んでしまっていて

最後には恋に堕ちてしまうという物語です。

 

DSC01965-15.JPG

葡萄の実がなる頃、そこに入った男女は

恋に堕ちるとか。

DSC01971-15.JPG

↑テッキ役のオ・マンソクは、他のドラマでは

むすっーとした役が多いのですが

このドラマでは、大半が、怒るか、ヤキモキするかなのです。

最終回の16話では、恋が成就して

終始にこにこ顔の田舎の好青年を演じ

今までの彼のイメージがUPしました。

DSC01967-15.JPG

↑ テッキ(オ・マンソク)は都会(ソウル)育ちの

  ジヒョン(ユン・ウネ)に蛍を見せてあげます。

 

DSC01970-15.JPG

2人は、逃げ出した豚を追いかけて

山の中のテントで1夜を過ごします。

DSC01974-15.JPG

↑このとぼけた仕草が可愛いですね。

DSC01966-15.JPG

ホジュンなどの他のドラマでは、威厳のある役の多い

ビョンダル役のイ・スンジェさんですが、このドラマでは

終始ニコニコした、ぶどう畑の持ち主の好々爺です。

 

実は、亡くなった友人の誠実な息子のテッキを

身内にしたいがために、親戚の娘ジヒョン(ユン・ウネ)を

ぶどう畑に呼び寄せたのです。

 

 

DSC01968-15.JPG

山で足を捻挫したジヒョン(ユン・ウネ)を

テッキ(オ・マンソク)がおんぶしてあげますが、

いつの間にか2人で歌を唄っています。

 

・・・実は、この後、

お互いの恋人達と鉢合わせしてしまいます。

 

 DSC01963-15.JPG

 

詳しくはドラマをご覧になって下さい。

 

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
  
(おまけのひと言)
  
昨日は雨の中、
高校の時の友人が
東京からわざわざ
来てくれて、
私の確定申告書類の
内容を精査してくれました。
 
その後、
この2週間、
私を悩ませ続けた
虫歯くんが
食事中に
ポロリと抜けてくれました。
  
気になっていた事が
1日で2つも解決してくれて
やれやれです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「不毛地帯」の放送が始まる [ドラマ]

 
作家の山崎豊子が執筆した名作
「不毛地帯」の放送がフジテレビで始まりました。
 
 
 
 topTitleBG_950x328-50.JPG
 
 
 
私がこの小説を読んだのは20年ほど前ですが、
戦前の関東軍のあり方、ソ連での抑留生活、
戦後の商社での活躍と言う、
その圧倒的な内容に思わず引き込まれ、
一気に読み終えました。
 
 
モデルは瀬島龍三さんで、
あの方の戦前、戦後の実体験に近い壮絶な物語です。
 
 
 
瀬島さんという人は、ソ連に抑留中に、
東京裁判のために一時帰国して証人として出席したり、
中曽根内閣時の臨調の責任者になったり、
商社の会長を務めたりと
日本国家に対し多大に活躍をされた重鎮で、
昭和天皇から「戦前、戦後に渡りご苦労である」との
お褒めの言葉を頂いています。
 
 
 
 _b2g5xzpk2lzbb8zre_d-a.jpg
 
 
 
この小説の内容の凄さと、
女性でありながらこの様な大作を書き上げる
山崎豊子と言う人の凄さを感じます。
 
 
このドラマは、今後半年間かけて放送されるとの事で、
楽しみがまたひとつ増えました。
 
 
↓以前、自分のHPで書いたこの小説の紹介です。
 

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

香川」京子とハン・ヘジン [ドラマ]

先日、私が、

「日本経済新聞裏面の

「私の履歴書」を楽しみにしている」と

このブログに書きましたが、

現在は女優香川京子さんが

連載されています。

 


金曜日には、彼女が映画会社の

オーディションに使ったと言う

懐かしい写真

掲載されていました。

 

DSC01252-11.JPG
 
 

  
彼女が女学生の頃の、

お下げ髪の、目が輝いている綺麗な写真です。

 

 私は、その写真を見ていて、

「はて!誰かに似ているな、さて・・・?」

とその写真をみている内に気づきました。

 

f309b08991555916.jpg
 

 
韓流歴史ドラマの「チュモン」の

ソソノ役のハン・ヘジンそのままです。

 

bg01-50.JPG
 
 

彼女も、現代劇の中で

お下げ髪をしていた記憶があります。

 

cba49f787d6887f6.jpg
 
 
 

時代は50年ほど違いますが、

日本と韓国の美人女優の揃い踏みですね。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

吉川晃司の信長は良い! [ドラマ]

時々NHKの大河ドラマ「天地人」を見ています。
 
このNHK大河ドラマの時間帯は、
自分が高校生の時以来、
私の生活の一部に組み込まれています。
 
以前、NHKBSで放送していて
楽しみにもしていた韓国ドラマチャングム」が終了し、
「さてその次のドラマはどうなのだろうか?」と期待したが、
今までの明るい内容と違い、
がっかりしてしまった経験があります。
 
その経験を踏まえ
昨年私達を楽しませてくれた「篤姫」の
今回のドラマに対しては、
少し引いて暫く様子を見ている最中です。
 
先日の放送を見た時は、
気が付くと既にもう6話になっていました。
 
その様な訳で、ちら見なのだが、
このドラマの中で、
織田信長役の吉川晃司が良い。
 
 
 
1.jpg
 
 
落ち着いていて威厳を示している。
 
偶然だが、名前が同じ「こうじ」の、
役所広司が織田信長役をしていた時と同じ迫力を感じる。
 
上杉謙信役の阿部寛よりも
演技が上手い様にも感じる。
 
彼は唯のロックシンガーだけではないようだ。
 
数年前、
やはりNHKの大河ドラマで「風林火山」が放送されたが、
主演の武田信玄を演じた市川亀治郎は演技は上手かったが、
スケールの大きさがやや欠けていた。
 
 gackt2.jpg
 
そこで途中から、
やはりシンガーのガクトが上杉謙信を演じて
ドラマを支えていた。
 
「吉川晃司」と「ガクト」の2人の歌は聞いた事はないが、
この2人は唯のシンガーではなく、
「何かを持っている」と感じる。
 
最近の若手シンガーもやるものだ。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:芸能
ドラマ ブログトップ
メッセージを送る