So-net無料ブログ作成

ペルシャ語は右から読むらしい! [外国]

本日の夕方、地区の掲示板に警察からのチラシを
貼っていたら、後ろから声を掛けられた。

声の主は外人らしいのだが、日本語は流ちょうに話す。
聞くと「英会話のチラシは、この掲示板に貼れないか?」
との話だった。
「これはね、公共の施設だからね・・・・」など
20分位話し込んで、あちこち電話をして聞いたのだが
埒が空かない。

最後に、名前・住所とメールアドレスを渡された時、
彼が同じアジアのイラン人だと分かった。

「イラン人は、絵の様なアラビア言葉を話すのでないか」
と聞いたら、ペルシャ語だと言う。

そして、「ペルシャ語は、右から読むのです!」と教えられた。

戦後、日本語は、右からでなく、左から読む様になった理由を私は知らない!




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドイツの旅(その24)帰国日 [外国]

いよいよ、日本へ帰国する日の朝が明けました。

・・・と言っても、

昨日に引き続き、ミュンヘンの街を

霧が包んでいます。

DSC03529.JPG

 

この街の雰囲気から、クロード・チアリのギター演奏

「夜霧のしのび逢い」を思い出してしまいました。

 

 

DSC03145.JPGDSC03165.JPG
  
 
今回は、いろいろと有意義な旅でした。
ドイツは、今まで出かけた外国の中で唯一、
「再度訪問しても良いかな」と感じる国でした。
 
 
DSC03219.JPGDSC03185.JPG
 
それは、景色が素敵な事と
人に情を感じたからでしょうか。
 
DSC03304.JPGDSC03323.JPG
 
またそれは、日本人よりドイツ人の方が
真面目であるから
そう感じるのかも知れません。
 
 
DSC03439.JPG800px-Castle_Neuschwanstein[1]65.JPG
  
 
フリーで申し込み
 
自由にドイツ国内を見学すると、
ツアー旅行では経験出来ない事が 
沢山出来ます。
 
DSC03200.JPG
 
  皆さんもぜひ一度
 
ドイツに出かけてみて下さい。

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その23)セロダ!? [外国]

さて、イノシュヴァンシュタイン城の

見学を終えた我々バスの一行は、一路ミュンヘン市内へと

向かっています。

DSC03516.JPG

現在の時刻は、午後6時を過ぎています。

この旅行をした頃、日本では夕方の5時を過ぎると

既に周りは暗くなっていましたが、こちらではまだ夕陽が

車内を照らしています。

しかし、その反面

ドイツの夜明けは日本よりも1時間ほど遅いようです。

高速道路(アウトバーン)は市内に近づくと幾らか渋滞しましたが、

バスは無事ミュンヘン中央駅に到着しました。

画像 338.JPG

一度ホテルに戻り、荷物とお土産を置いて外に出ると

周りはすでに暗くなっています。

ホテルから市電の停留所まで歩いていく時、

食事の出来るお店を探しながら歩きました。

すると、大通りの角にあるこの建物の中を覗くと

待望のビアホールでした。

やれやれ、これでわざわざミュンヘン中央駅まで

行かなくて済みました。

 

DSC03519.JPG

まずはビールで、ドイツ最後の夜に乾杯です。

見回すと、店内は100人くらいが入れる規模で、

仕事帰りの若者、子連れの家族などで店内は賑わっています。

いわばここは、ドイツ版のファミレスの様です。

DSC03518.JPG

グラスを持ち上げると、コースターにミュンヘンビールの

文字が見えます。

旅行する前、ドイツのビールは濃くて美味しいという

イメージでしたが、予想に反して、こちらのビールは

皆薄味ですが、さっぱりして美味しいです。

DSC03520.JPG

食べ物は、ますソーセージを注文してから、隣の客が

食べている物を指さして、このセットを頼みました。

しかし、それだけではバランスが取れませんので

「野菜サラダ」も頼みました。

しかし、ウエイターさんが私の言う事を

なかなか理解してくれません。

私が「ベジタブル・サラダ」と言っても、

彼はキョトンとしているのです。

そこで、民族衣装を着ているアラフォーの女性に

来てもらいました。

先ほど話した時、彼女はトヨタ自動車に

12年勤務していたと言っていましたから

大丈夫でしょう。

しかし、私の「サラダ!」と言う言葉を反復し、

「サラダ?」→「セロだ?」→「セロダ?」と言います。

発音が似ているのと、面倒なので「それだ!」と

私が注文すると、後ほど確かに

「野菜サラダ」が出てきました。

そうか、ドイツ語で「サラダ」は

「セロダ」と言うのかと納得して帰国し、

念のため調べましたがどうやら違う様です。

果たして「セロダ」とは何なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その22)ノイシュヴァンシュタイン城 [外国]

さて、ゆっくりとした食事を終えた我々は、

馬車に乗り、これから山の上に向かいます。

画像 313.JPG

↑ 坂の途中で、お城の見学を終えた人達とすれ違いました。

画像 320.JPG

しばらく上ると、見えてきました。

あれがノイシュヴァンシュタイン城です。

これから、あのお城の中を見学します。

画像 322.JPG

画像 318.JPG

お城の上からは、絵葉書のような景色が望めます。

同時に隣から、「あそこに住みたいもんだ!」と言う

相方の声が聞こえました。

DSC03508.JPG

向こうに橋が見えます。そこに何人もの人がいます。

あそこに行けば、このお城の全景が見えますが、

あそこに行くには、一度山を下りて、

再度向こうの山に上らなければなりません。

それは大変なので、写真をお借りしてきました。

800px-Castle_Neuschwanstein[1].jpg

素敵な景色ですね。

これが「ノイシュヴァンシュタイン城」の全景です。

19世紀の後半に、バイエルン国王のルートヴィヒ2世が

精魂込めて造った白亜のお城です。

このお城をモデルにして、ディズニー・ランドのお城が

造られたと言われています。

 


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その21)アルプスの麓 [外国]

ドイツの旅の話は、もう少しあるので続けます。

我々を乗せた2台のバスは、ミュンヘン駅を午前9時に出発し、

アウトバーンを南下して行きます。

DSC03473.JPG

途中の休憩所です。バスの中の観光客の大半が白人で

聞こえてきた日本語はほんの少し。

我々の後ろに座った日本人の若い女性達は、

各々単独で旅行に来て、ここで知り合ったようです。

最近の若い草食系の男と比較して、

いつでも女性は逞しい。

DSC03475.JPG

DSC03477.JPG

牛ものんびりとしています。

いかにもアルプスの麓の風景です。

DSC03476.JPG

DSC03478.JPG

目的のお城に入場するには、まだまだ2時間以上あります。

ここで昼食です。

 

画像 305.JPG

DSC03495.JPG

ワインで乾杯。

ドイツに来て、これで何回目の乾杯やら。

美味しい食事を堪能していると、相方の携帯が鳴りました。

日本に残っているH君からの様です。

 

DSC03494.JPG

食事が終わって休憩している時、テーブルの担当者が来ました。

彼女がテーブルのお皿を片付けている時、

突然相方が「#$&%?!」と呟きました。

すると彼女の態度が変わり、愛想が良くなり、

微笑みながら、何やら英語で彼に話しかけていました。

後で聞くと、彼がドイツ語で「美味しかった!」と伝えたそうです。

高校時代から7年間もドイツ語を勉強した成果が、

やっとここで報われました。

 

DSC03488.JPG

目の前には、水の透き通った「アルプ湖」が見えます。

快適な旅が続きます。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その20)リンダーホーフ城 [外国]

本日は月曜日。

朝8時過ぎにホテルを出て、市電で2駅の

ミュンヘン中央駅に向かいます。

 

画像 251.JPG

ffg.GIF

お姉さんも出勤のようです。

 

本日は、駅から2台の大型バスに乗り、

8時間の観光ツアーに出かけます。

観光客は世界のあちこちから来ているらしく

車内で、日本語はほんの少ししか聞こえません。

バスには、英国、ロシア、ブラジルなどからの

沢山の観光客が乗り込んでいます。

DSC03470.JPG

少しの間霧が出ていましたが、郊外に出るとそれも晴れました。

2時間ほどアウトバーンを走った後、小休止です。

空を見上げると、群青色の空に白い飛行機雲が

直線を引いて伸びて行きます。

ミュンヘンには日本からの直行便もあり

沢山の飛行機が飛んでいるのが分ります。 

 

DSC03461.JPG

 

↓ リンダーホーフ城です。

画像 277.JPG

 ルートヴィヒ2世が、フランスのロココ様式で1874~78年に

造らせたお城です。

画像 263.JPG

ここには、ヴィーナスの洞窟や万華鏡の中にいるような

キオスクがあるのですが、残念ながら10月から3月の冬季は

閉鎖されています。

画像 274.JPG

我々を案内してくれている、背の高いハンサムなガイド君は

我々を見るとお辞儀をしてくれます。

(外人がお辞儀をするとぎこちないが・・・。)

実は義理兄も、一時スペインで日本人相手の

ツアー・コンダクターを目指してしていました。

このバスのガイドくんは、その義理の兄に

面影が似ています。

彼がアナウンスする「オーバー・アマガウ」と言う単語だけは

何となく「天の川」と発音が似ていて記憶に残っています。

オーバー・アマガウとは、この近くにあるアルプスの山々に

囲まれた小さな村の名前で、素敵な観光地の一つです。

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その19)マリエン広場 [外国]

DSC03439.JPG

↑ この建物は、ミュンヘンの中心にある新市庁舎です。

ここには、ドイツ最大の仕掛け時計があり、

毎日、11:00と12:00、そして3月から10月は

17:00にも10分間、32体の人形が動きます。

DSC03440.JPG

人形と言っても、等身大ですからね。

あそに見える1体は、私達より大きいのです。

画像 240.JPG

そろそろ人形が動く時間です。皆さん人形の方を見ています。

周りを見回すと、ここマリエン広場には

1000人くらいの人がいました。

DSC03443.JPG

人形が動き出しました。上の階が5分ほど動き、

その後、下の階が動きました。

この動きは、1568年のバイエルン大公の結婚式を

描いていて、騎士が馬上槍試合をしたり、

ビール樽を作る職人達が踊ります。

騎士の槍試合で、青と白の旗の騎士が勝った時は

周りからどよめきが起こりました。 

 

DSC03444.JPG

さて、10分間の観劇の後、我々が向かったのは

人形劇が行われた新市庁舎の建物の地下です。

ここには広いビアホールがあるのです。

流石にビールが本場のドイツです。

画像 244.JPG

ここで改めて、4人が17年ぶりに再会した事への乾杯です。

向こう側に座る車の二人はノン・アルコールで、

私達2人はりんご味のビールです。

りんご味のビールは初めてでしたが、

味はさっぱりしていて、アルコール分も少ない気がしました。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その18)ミュンヘン市街散策 [外国]

ミュンヘン市内にあるオリンピック公園を散策後、

駐車場の近くの道のど真ん中に1台の車が留めてあり、

我々の車の行く手を遮った。

「きっとあれはイタリア人よ。

ドイツ人は決してあんな事はしない」と友人の声。

ここからイタリアは遠くはないのだ。

 

その後、

我々4人を乗せた車は、BMWの本社を横に見て

ミュンヘンの旧市街に向かう。

DSC03417.JPG

車を「バイエルン州立歌劇場」の地下駐車場に置き

徒歩で広場に向かう。

夫妻は、時々この劇場でオペラを聴くという。

DSC03414.JPG

↑ 建物に蓑虫の様にへばり付く、エレベータの様な物は

   昔のトイレの名残だそうだ。

DSC03418.JPG

この二人の後を付いて行けば迷子にはならない。

旦那が顔を左に向けて何かを見つけた。

DSC03419.JPG

↑ 「庄や」だ。ドイツのこんな所にまで進出している。

日本で、この店は良く行ったものだが、最近は先輩の影響で

専ら日高屋に変わってしまった。

 

DSC03436.JPG

市場に出たが凄い賑わいだ。

 

DSC03431.JPG

このおばさんの右手に持つ物は何だろう。

この人の由来は聞き損ねた。

DSC03435.JPG

 

旅行したのは10月中旬。既に木々は色づいている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その17)郷に入れば郷に従え [外国]

ケーキでお昼を済ませた我々に対し、

「ミュンヘンの旧市街へ我々を案内するには

まだ時間がある!」とかで、

友人夫妻に、車で15分ほど行ったところにある

「オリンピック公園」に案内されました。

DSC03408.JPG 

高さ290メートルの、ドイツでNO1の高さの

オリンピック塔です。

高いところが好きでベルリンのタワーを上った我々は、

「このタワーも!」と建物に近づきましたが、

見ると沢山の人たちが並んでいたので、

残念ながら諦めました。

本日は天気が良いので、アルプスの山々が見えるそうです。 

 

この場所で、1972年に

ミュンヘン・オリンピックが開催されました。

今は平和な公園ですが、当時の私の記憶は、

このオリンピック村で「アラブ系のテロ組織に

イスラエル選手が襲撃された」事です。

当然、それ以降にオリンピックを開催する際は、

警備が非常に厳重になりました。

  

 写真を見ると公園の右に緑の小高い山があります。

見回すと、他にも沢山小高い山があります。

あの中には何が埋まっていると思いますか?

 

 実は、第二次世界大戦でアメリカ軍をはじめとする、

連合軍に爆撃された時の残骸が

沢山埋まっているのです。

 その点、日本の東京オリンピックの公園には、

この様な山はなかったはずです。

何しろ、寒さが厳しいドイツの様に、

家がレンガやコンクリートで出来ている訳ではなく、

気候が温暖な日本の家は「紙と木で出来ている」と

米国に研究されて、破壊を目的とする爆弾でなく、

木を燃やすための爆弾「焼夷弾」を開発されて、

東京はじめ日本各地の都市は、

何も残らない焼け野原になってしまったのですから。 

 画像 223.JPG

公園の向こうに見える4本の筒型の銀色のビルは、

自動車BMWの本社です。

4本の筒は自動車のシリンダーを表していて、

通称「4気筒ビル」と呼ばれているそうです。

この建物の近くには「BMW博物館」があるそうで、

見学したいのですが、当日は時間がありませんでした。

DSC03412.JPG

↑ 温水のプールです。

ミュンヘンオリンピックの平泳ぎでは、

日本の田口信教が100メートルで金、

200メートルで銅を獲得しています。

多分、このプールで活躍したのでしょう。 

 

 一回り見学した後、トイレに行く事になりました。

222.GIF

この写真は、ベルリン駅で有料トイレの自動販売機に

1ユーロを入れた時のおつり券です。

日本と違い、無料のトイレは飛行場や

観光地にしかありません。

市街では、専らレストランなどのトイレを

利用する事になります。

ここオリンピック公園のトイレも有料でした。

 

男女のトイレの真ん中に、アルミのお皿を前にした

中年女性が座っていました。

トイレを出てきた時、友人女性から「幾ら払ったの?」と

聞かれたので、「50セント」と答えたら、

「正解ね!」との返答。

 

彼女は、「以前、日本人の夫婦を案内した時の事」を

話し始めました。

その時は、旦那さんがトイレを済ました後、

お金を払わずに出て行ってしまったそうです。

その後、その人の奥さんが出てきた時、

料金を管理している女性から、

強烈な文句(クレーム)を受けたそうです。

 

郷に入れば郷に従え!」です。

 

外国に行く際は、事前に

「その国の慣習」を頭に入れてから

旅行を楽しみましょうよ、皆さん!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツの旅(その16)ミュンヘン到着 [外国]

ICEと言うドイツの高速鉄道で約3時間。

左右に流れる車窓に見とれている内に、

ドイツ第3の都市ミュンヘンに到着しました

DSC03532.JPG

ミュンヘンは、ドイツ南部のバイエルン州の州都で

人口130万人の大都市です。

我々の世代は、「ミュンヘン・札幌・ミルワォーキー」の

ビール用語で、子供の頃から

この都市の名は頭に焼き付いています。

DSC03533.JPG

ここでも、駅名は「中央駅」を意味する

Hauptbahnhofが頭に付いています。

赤字のDBは、旧西ドイツと旧東ドイツの国鉄が

1994年に合併し、その後民営化したドイツ最大の

鉄道会社の略称名です。

 

写真はミュンヘン駅の北口で、バスの発着場となっており、

この後何回かこの北口を利用する事になります。

 

「駅からホテルまで400メートル」と記憶していた私は、

トランクを転がしながら、ホテルのある方向へ

10分ほど歩きましたが中々辿り着きません。

「おかしいな?」とバックから旅行書類を取り出し

確認すると、「駅から1.4キロ」と記載してあります。

「道理で辿り着かない筈だ!」。

もう面倒なのでそこからタクシーです。

運ちゃんはトルコ人風の若者で、

ドイツ語や英語が駄目なのか、

彼は最後まで一言も話しませんでした。

DSC03525.JPG
 
ようやくホテルに着きました。
今回の旅行で、一番感じが良かったホテルです。
 

22sdd.GIF

ホテルでは、シャイで優しそうな彼女が迎えてくれました。

こちらでも、写真を撮る時のポーズはVの様です。

やはり、「日本人と一番気が合うのはドイツ人!」

感じてしまう瞬間でした。

 

しかし、ゆっくりしている時間はありません。

学生時代の友人夫婦が、このホテルまで来る事に

なっているのです。

 

それから15分後、ドイツ製のワーゲンやBMWでなく、

日本のトヨタの中古車で彼らが来てくれました

17年ぶりの再会です。

以前、ドイツ人の旦那さんは日本語が

まるで話せませんでしたが、今回はベラベラです。

それもそのはず、

彼らの家庭内は、日本語が主流なのだそうです。

 

まず車で向かった先はここです。

画像 220.JPG

「妖精の城」と呼ばれる、ヴィッテルスバッハ家の

夏の離宮です。

画像 213.JPG

この離宮の中には、ルートヴィヒ1世が愛した36人の

肖像画が壁面を埋め尽くす「美人画ギャラリー」が

あるそうです。

画像 217.JPG

しかし、我々は昼食をしていないので、「美人画」も見ず

「近くで何か食べようか!」とレストランを探して歩きます。

DSC03405.JPG

画像 222.JPG

結局、この建物が見えるケーキハウスで

特大のチョコレート・ケーキでお腹を満たしました。

私は、お酒も飲みますが、甘党でもあるので

それでも満足です。

 

これから

オリンピック公園に向かいます。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る