So-net無料ブログ作成

琉金 [動物]

知り合いから琉金の子供を5匹貰ったのが1カ月前。

琉金と言っても、子供の内は黒い体で、
数か月後に体が赤くなってくるらしい。

貰った時に、3匹と2匹に分けたのだが、
3日後に3匹の方が死んでしまった。

雨水を入れたのが悪かった様だ。

しかし、残りの2匹は今も元気でいる。

本日は、市内にある金魚店で藻を買い中に入れてやった。


ひたむきな猫! [動物]

Aww, keep trying! ~ @DJKevinHayes on Twitter

Posted by Virgin Radio Edmonton on 2015年3月4日

猫派としては、これは面白い!


タグ:
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

困った子猫! [動物]

困った子猫!






タグ:子猫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元気な猫 [動物]



元気な猫くん! 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

よしよし! [動物]



よしよし!



タグ:
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある老犬の死 [動物]

先週の寒いある日、

お向かい家の老犬「ロッキー」が

亡くなりました。


老犬と言うと、大きな年寄りの犬を連想しますが、

実際は小さな白いメス犬でした。

 

以前はよく吠えるうるさい犬でしたが、

最近は歳のせいか、静かになりました。

2_3.jpg
亡くなる10日ほど前の、

やはり同じ様な冬のある寒い日に、

私が玄関を出た時の事です。

 


お向かいの家から

「ガチャ、ガチャ」という音がしました。

 

その方向を見ると、

「ロッキー」が格子様式のシャッターに

もたれ掛かっていました。

 

体がよろよろしている様です。

 

暫くシャッターにもたれかかった後、

立ち直りましたが、

今度は寒さで胴ぶるいをしていました。

 

「かわいそうに、

何か着せてやれば良いのに」と思いましたが、

他の家で飼う犬ですからね・・・。

 

 
寂しい話ですが、

人間にも犬にも老化は必ず来る様です。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 
ビック・コミック「あじさいの唄」

1_4.jpg

こちらの犬の名は「栗之助」と言います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毎朝出会う犬達 [動物]

 
本日は日曜日。
今日も朝から天気が良く、気温の上昇が予想されます。
 
本日の私の予定は、
高校時代の友人の見舞いに行きます。 
 
何でも、心臓がおかしくなって病院に担ぎ込まれたとかで、
同級生3人で様子を見てこようと思います。 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  
 
さて、本日の話題は犬です。
 
  
我が家から2件先の家にビーグル犬がいます。
この犬は、毎朝5時頃になると吠え始めます。
 
「ワン・ワン・ワン・ワン」と吠え続け、
それは家人が起きるまで続きます。
私も、最近は、この鳴き声で目覚める時もあります。
しかし、吠えるのはその時のみで、私が側を通っても大人しいので、
多分、彼(彼女)は「家人を起こす事」が
自分の使命だと思っているのかも知れません。
 
 
Beagle_detail2.jpg
 
その家の前のT字路を右に行くと、
小さな印刷屋さんがありますが、その家にもビーグル犬がいます。
 
この犬は、毎朝、お婆さんに引かれて散歩に出かけます。
 
この犬は我がままで、あっちに行ったり、こっちに行ったりと、
気ままな行動を取るので、
綱を引いているお婆さんは、その度にその方向に引っ張られ、
難儀をしているようです。
 
この我がままな犬を連れている「ひょうひょうとしたお婆さん」とは、
最近挨拶を交わす様になりました。
 
 
  
 
私は、朝食を済ませた後、30分ほどテレビを見ながら休憩し、
その後、仕事先に出かけます。
この様に、朝ゆっくりとした時間を持って出かける様になったのは
最近の事です。
若い頃、朝食も取らずに出かけた事が嘘のようです。
 
 
出かける時は、お向かいのラブラドールの「パナ」が
私を見送ってくれます。
一緒に飼われているはずの「ロッキー」は、
歳のためか、最近は出てきません。
 
 
 Labrador_Retriever_middle3.jpg
 
 
 
 
電車の駅に向って坂を上る頃、向こうから、
電気屋のターちゃんが、コリー犬を連れて
歩いて来ます。ターちゃんは私よりは幾らか年上の先輩です。
 
 
私は、「彼が子供の頃に見た「名犬ラッシー」を見て、
現在コリーを飼っているのではないか?」と
かってに想像しています。彼とは、軽く会釈をしてすれ違います。
 
 
 Shetland_Sheepdog_detail1.jpg
  
 
 
 
 
旧道を渡って行くと、茶色の雑種犬を連れた、
浜屋のスーちゃんに出会います。
彼も私より少し年上の先輩です。
「おはようございます!」といつも彼の方から先に、
挨拶をされてしまいます。
彼の連れた犬はよろよろ歩いているので
老犬のようです。
 
 
 
 
 
そして、T字路を左に曲がる頃、
大きなゴールデン・レトリバーを連れたOさん夫妻に出会います。
 
 
 
 Golden_Retriever_detail2.jpg
 
 
Oさん夫妻の自宅は、
旧街道沿いにある藁葺き屋根の陣屋で、
江戸時代は大名が宿泊したようです。
ひょっとして、水戸黄門も宿泊したのかも知れません。
 
 
  
この様に、毎朝沢山の犬達と出会いますが、
私は犬を飼った事はありません。
  
ただし、私の寝る布団の側に、
等身大のこれが置いてあります。
   
   
 
 DSC00673-10.JPG
 

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が家の庭の出来事 [動物]

昨年の今頃の事です。
私が、我が家の「猫の額の庭」を歩いていると、
何か動く物が目に入りました。
 
何だろうと思い、良く見てみると、それは「亀」で、
ノコノコと庭を歩いているのです。
 
我が家は、川からは4キロ、沼からは1キロは離れていますので、
この亀が何処から来たものか、大いに疑問が沸きましたが、
取りあえずは、お向かいのOさんの家の池に入れさせてもらいました。
 
そして、数日後、この亀は、お隣の小学生のM君が
飼っていた物と判明しました。
 
そして、1年後の昨日の事。
 
今度は、私の連れ合いが庭を歩いていました。
すると、何か、グニュッ とした、柔らかい物を踏んだのだそうです。
足元を見ると、それが大きな「ガマカエル」だったので、
思わず「キャーッ!」 と叫んでしまったそうです。
 
連れ合いは、落ち着きを取り戻した後、
お向かいのOさんの池に入れさせてもらおうと、
カエルをバケツに入れました。
 
そして、「どうゆう訳か、これが庭にいたので
池に入れさせて下さい」と
バケツの中身を奥さんに見せた途端、
Oさんの奥さんも思わず「キャーッ!」 
叫んでしまったそうです。
 
若い娘が「キャーッ!」と叫ぶのは可愛いものです。
 
しかし、叫ぶ際の「年齢制限」と言うものはないのでしょうか?
Oさんのお奥さんには、孫が3人もいるのに。
 
一応、ガマカエルは池に納まりました。
 
これもまた、隣のいたずら坊主の仕業なのでしょうか?

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
メッセージを送る