So-net無料ブログ作成
乗り物 ブログトップ

車のドアが上下にスライド [乗り物]

車のドアが左右でなく、上下にスライドするとは

良く考えたもの。

これで駐車スペースも少なくてすむ!




タグ:車のドア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フライト24 [乗り物]

先ほど、テレビを見ていたら千昌夫が出ていた。

彼は飛行機やヘリコプターの免許を持っているらしい。

彼が、スマートフォンを取り出して示したのは「フライト24」。

無題16.jpg

世界中で、今どこでどんな飛行機が飛んでいるかを

リアルでみられるアプリ。

動いている飛行機をクリックしてみると、

その機体や行き先などが表示される。

無料で見る事が出来る、夢のある検索アプリだ。

面白い!


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フィットのスタイルが変わった [乗り物]


運転席の主は誰だ? [乗り物]

町を歩いていると、
走っている車から
クラクションを
軽く鳴らされる事がある。


知人が乗っているのかと思い、
その車を凝視するのだが、
その人物の特定が出来ない内に、
車が走り去ってしまい、
こちらに疑問が残る事がある。


そして、
その疑問はそのまま残り
後日、「はて、あれは
誰だったのだろうか?」
と思い出す事になる。


車のフロント・ガラスは
斜めになっているので
光を反射してしまい、
外から中の様子を
見にくくしているのだ。


何時ぞやは、
道の向こう側を走る車の中から
声が聞こえてきたので見ると、
車の窓を開けて、
「おお~い、おお~い!」と
叫んでいる友人の吉時くんの
顔があった。


彼の様に、
自分を主張してくれると
こちらに疑問や不満も残らず、
すっきりとした
気持ちが残るのだが。

 

先週の金曜日、
後輩達と飲みに行く約束があったので、
駅に向かって歩いている時、
武君の実家の前に差し掛かった。

 

 images.jpg


その際、
向こうから白い車が走って来たのだが、
私の前に来た時、
車のランプが軽くパッシングした。


これは
誰か知り合いが挨拶しているのかなと思い、
私は車の斜め後ろから中を覗いた。


車の左側には
若い女性が乗っているが
見覚えがない。


右の運転席には、
白いポロシャツを着ている男性がいて
私が覗いたタイミングを見計らって
左手を軽く挙げた。

しかし今度は、
車と私の距離が近すぎて
私からは運転席の主の顔が見えず、
誰だかを特定出来ない内に
車が走り去ってしまった。


そして今回、
私の中に疑問と不満が
またひとつ増えてしまった。

 


 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

上総の旅(小湊鉄道)ー後編 [乗り物]

先週の休日、

上総(かずさ)地方を旅して、

ヂーゼルカー1台で走る

小湊鉄道に乗ってみました。

Webmap-75.JPG
 
「営業路線略図」の
緑の線路の、下から2つ目の
「養老渓谷」の駅からずっと上昇して
終点の「五井」駅まで乗ってみました。
 
 
DSC00790-10.JPG
 
 
この駅の話をする時、「養老の滝」と言う
居酒屋と良く間違えますが、
何の関係もありません。
 
 
 
DSC00795-10.JPG
 
 
 
スイカを出して切符を買おうとしましたが
使えません。
1万円札を出して買おうとしても断られました。
おつりがないのです。
 
 
 
DSC00796-10.JPG
 
 
ここの駅長さんは中年の女性です。
 
切符を販売した後は、首にタオルを巻いて
ホームを行ったり来たりしていました。
 
 
暫く待つと、13時35分発の
電車がホームに入って来ました。
 
 
DSC00789-10.JPG
 
 
我々は、車でここまで送ってくれた先輩と別れ
電車の先頭のシート座席に座り込みました。
 
 
しかし、電車が発車するとびっくり。
 
 
電車は予想していた方向とは
反対の方向に走り出しました。
 
  
 
電車の車掌さんは
二十歳前後の若い女性です。
 
 
彼女は濃紺の制服を着て、
腰から黒いカバンを提げています。 
 
 
 
乗客は1車両に10人ほどです。
 
 
我々の向かい側に座る老年のおじさんは
電車が走り始めると、履物を床に置き
両足を進行方向に向け、
ソファーに座り込みました。
 
まるで、自宅で寛(くつろ)いで
テレビを見ている様です。
 
 
 
向かい側の左には、
若い男女のカップルがいます。
 
暫くすると、女性は、カバンからパンを
取り出してもぐもぐと食べ始めました。
 
 
 
2つ目の駅から乗り込んで来た若者は
左手前の座席に座っています。
 
手にはカメラを持っており、感じでは
「カメラ小僧」の様です。
  
  
終点の駅までは17個の駅がありますが
 その内7つの駅の名前の上には上総と言う
名前が付いています。
 
そうです、ここは上総(かずさ)の国なのです。
 
  
3つ目の駅を停車した時、
女性の車掌さんは小走りに改札口に向かい
下車した乗客達の切符を受け取りました。 
 
また、彼女は車内放送もします。
「上総○○駅~」、「上総○○駅~」と。
 
そして、途中で乗車して来たお客さんのために
車内で切符の販売もします。
 
そうです、彼女は急がしいのです。
  
彼女は、
「やり甲斐のある仕事をしているな!」
と感じます。
 
 
 
DSC00794-10.JPG
 
外には、ポツポツと雨が降ってきました。
 
 
暫く走った後の駅での事です。
 
我々の後方から「乗るんですか~?」
という車掌さんの声がしました。
 
続いて、「ビー、ビー、ビー」
というブザー音がしました。
 
同時に、ブレーキがかかり
電車は停車しました。
 
駅の改札口を通り、中年の男女が
おもむろに電車に乗り込んできました。 
 
彼らは、 随分と落ち着いています。
 
それもそのはずです。
 
この電車に乗りそこなうと
次の電車までは1時間半もあるのです。
 
鉄道会社としては彼等は
大事なお客様なのです。 
 
 
電車が走り始めて300メートルほど走った頃、
左側の道路を中年の男性が
歩いている姿が見えました。
 
彼は電車に向って頭を下げました。
 
女性の車掌さんに挨拶した様です。
 
多分、この鉄道の社員なのでしょう。
 
 
 
この電車に乗っていると
時間がゆっくり流れているのを感じます。
 
 
 
ここから車で、東京湾の「海ほたる」を通り
少し急いで走ると、
1時間程で都心に着いてしまいます。
 
 
しかし、東北の何処かのローカール線に
乗っている様な気がします。
 
 
我々は、終点の五井駅から
内房線に乗り換えます。
 
そろそろ終点かなと思う頃、
ポツポツだった雨が、
大粒の雨に変わってきました。

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「レトロなオートバイ」 [乗り物]


数年前、この店の前を通った際に、

この2台のレトロなオートバイの存在に気づいた。
                                                           
その後、この前を通る度に「良いね~、渋いね!」と

思いながら通り過ぎている。

                                                          
案の定、TVでこのオートバイが紹介され、

喫茶店の主人が、他にも沢山面白い物を持っている様子が

放映された。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
乗り物 ブログトップ
メッセージを送る